浜松市|税理士|日野藤司税理士事務所(日野会計)

お問い合わせ TEL:053-438-8141

お客様の声

お客様の声

株式会社プレジャーシップ・ダイニング
『Italian Dining & Café POETA』を浜松市内に3店舗、中区鍛冶町にある『彩菜炉房がぜん浜松店』を経営されている株式会社プレジャーシップ・ダイニング様の事務所(浜松市中区鴨江)に訪問しました。取材にご協力いただいたのは、社長の三好猛嗣様と経理担当の竹内登美子様です。
山岸博臣
株式会社プレジャーシップ・ダイニング

目次

三好社長にお伺いしました。
続きはこちら
竹内様にお伺いしました。
続きはこちら
日野会計広報より。
続きはこちら

三好社長にお伺いしました。

以前の会計事務所とはどのようなお付き合いでしたか?
基本的には、訪問できたらするというスタイルの会計士さんでした。会計士さんと会うのは、決算のときと印鑑のときくらいで年2回程度でした。日々の処理は自計化をしていたので、メールと電話で用件を済ませていました。いわゆるネット会計ですね。そのようなスタイルでしたので、会計士さんとはコミュニケーションが取れていませんでした。いわゆる「先生」気質な会計士さんだったような気がします。
三好社長
日野会計に変わってどのようになりましたか?
毎月訪問をしてもらいコミュニケーションが密にとれるようになりました。そしていつも的確なアドバイスをもらっています。顔を見ながら会話をするのは、本音で話し合えるのでとても良いですね。経営に対しての不安は、その都度解消できるようになりました。
担当者の対応等はいかがですか?
山岸さんは知識豊富な方で、とても謙虚で素直な対応をしていただいています。 こちらの要望に対してのレスポンスが早く、話を親身に聞いてくれている姿勢がとても好感を持てます。人柄が良く山岸さんが担当でとても満足しています。実は最初から山岸さんを指名していました。
店舗
三好社長と日野会計との最初の出会いは06年と
聞いておりますが?
その時は、以前の会計事務所にお願いしていまして、知人の紹介で日野会計さんが営業に来られました。その当時はネット会計を望んでいたので、お断りしましたが、最初の出会いから2年後にお付き合いさせていただくことになりました。
2年後になぜ? 会計事務所を変えようと思ったそのきっかけは?
会社にステージがあるように、その段階で付き合う人や業者さんは変わってくると思っています。ですから2年の間に会計士さんに対する要望がステージアップし、そして経営に対する考え方も変わりました。実際、自計化でほぼ間違いなく処理していたので、以前の会計士さんには決算の申告をお願いしているだけの状態でしたから不満がありました。そのタイミングで山岸さんが連絡をしてくれて会社もちょうど上期で区切れるので、会計事務所を変えようと思いました。
新たなご要望はありますか?
日頃は大変満足していますので、なかなか要望といっても思いつきませんが、個人的には経営者が集う会を開催して欲しいです。異業種で創業者や実績を残している経営者、志を持ち経営に対して熱い心を持っている人と出会いたいです。飲酒の無いまじめな場で、語り合いたいと思っています。 今度山岸さん担当のお客様と、食事をする機会をいただきました。会計とは全く関係ないですが、いろいろな心遣いに感謝しています。

竹内様にお伺いしました。

セミナーに参加されていかがでしたか?
「決算書の見方」のセミナーに参加したのですが、実務に役立つセミナーに参加したいです。日野会計さんはいろいろな内容のセミナーを開催されていてすごいですね。知識向上に役立てられます。
竹内様

日野会計広報担当より

株式会社プレジャーシップ・ダイニング様
公式WEBサイトはこちら

三好社長と竹内様にお会いして、私自身とてもモチベーションが上がりました。それは、お二人とも前向きで、周りの人全てが幸せになれることを望み考えていらっしゃるからだと思います。 株式会社プレジャーシップ・ダイニング様は「幸福創造」を掲げられています。三好社長であればその「幸福創造」という経営理念を、着実に実現されていくことは間違いないと感じました。三好社長と竹内様、取材のご協力誠にありがとうございました。

取材 … 広報担当者 / 江口 美乃里