浜松市|税理士|日野藤司税理士事務所(日野会計)

お問い合わせ TEL:053-438-8141

ニュース

会社案内

相続人不存在(相続人がいない場合)どうなるのか?

 

相続税に関する本を読んでいたときに、「相続人不存在」(相続人がいない場合)
のことが気になったので、今回ご紹介させていただきます。
 
被相続人(死亡した人)の遺産は一般には、法定相続人(子供や兄弟など)に相続されます。
しかし、法定相続人がいない場合(天涯孤独の方や、親戚はいるけど法定相続人ではない)
の遺産はどうなるかご存知ですか?
その遺産は、国庫帰属となり国のものとなります。
 
しかし、法律では特別縁故者への財産分与を認めていて、家庭裁判所に申し立てをすると
遺産の一部を相続できます。
 
その特別縁故者となるには、もちろん誰でも良いのではなく、生計を一にして同居していた者
(いわゆる内縁の妻)や生前に生活支援や介護などをしていた親族などが上げられます。
そして家庭裁判所は相続財産管理人を選任し、手続きをしていきます。
特別縁故者への財産分与が認められても、残った財産は最終的に国庫帰属となります。
 
皆様の周りでもあまり聞かない話だと思います。
相続人がいないと国に寄付されてしまうのですね…しかし「遺言書」があれば別です。
法的効力をもつ遺言書があれば、正式に遺産を相続することができます。
贈与という方法もありますが、贈与税の税率は高いので、
しっかりと考えてから行動されることをおススメします。
 
皆さんもまずは家系図を書いてみてはいかがでしょうか?
法定相続人が分かります。相続人不存在という場合は少ないと思いますが、
もしかすると予想もしていなかった人が相続人であることに気がつく場合もあります。
 
「先に知っていれば(考えていれば)相続でもめることがなかったのに」と後悔するのではなく、
まずは今の状況と将来のことを考えてみてください。
相続のことで疑問や不安に思われた方は、一度お気軽にご相談ください。
まずはお電話でお気軽にご相談されてはいかがでしょうか。